会費制の結婚式をする意義《みんなで楽しめる式になる》

結婚式

会費の支払い方のルール

会費制の結婚式は、世代や住んでいる地域によってはなじみが薄い挙式のスタイルです。細かな部分で通常の挙式とは違うところがあるので、会費制で結婚式に出席する時はその点に気を付けましょう。たとえば会費制だと、通常の挙式のようにご祝儀袋を使わずに支払います。また使用する紙幣は診察を使うにこしたことはありませんが、なければ使い古しの紙幣を使ってもかまいません。大切なのは気持ちなので、用意できなければそのまま使用済みの紙幣で支払うようにしてください。会費制の結婚式とはいえ、それ以外の服装や持ち物は一般的な挙式とほぼ同じです。支払いさえ無事すませてしまえば後は通常と変わらないので、そこは外さないようにきっちりルール通りにやるようにしましょう。

式場

会費の準備と贈り物の仕方

会費制の結婚式に出席する際にご祝儀が必要ないことは先に述べたとおりです。とはいえ新郎新婦に会費以外に別途ご祝儀やプレゼントを贈るのは別にルール違反にはならないので、どうしても贈りたい方はそうしてもかまいません。ただその際は、挙式当日ではなく前もって用意するか後日改めて渡すようにしましょう。他にも結婚式で会費を渡す場合、受付で金額を数える都合上会費ぴったりで支払うようにしなければいけません。そのため支払いに必要な金額を、あらかじめ手元に用意しておくべきです。このくらい準備万端で行けば、当日窓口でもたついて迷惑をかけることがなくてすみます。会費制の結婚式に出席予定の方は、ぜひ参考にしてみてください。