日本ならではの挙式方法【神前挙式で和を楽しむ】

神前式

神社挙式とは

神社で挙げる結婚式のことを、神社挙式・神前式といいます。日本ならではの衣装を着ることができ、日本の文化を活かすことができるため、多くの人から注目されている方法です。神社挙式ならではの、厳粛で荘厳な雰囲気のなかで開催されるため、チャペルとは違った雰囲気を味わうことができるでしょう。また、着物はウェディングドレスとは違った華やかさがあるので、着物の良さを再認識する機会にもなります。

花嫁

神社挙式の準備

神社挙式を挙げるなら、まずは挙式可能な神社を探しておきましょう。福岡でも神社によって挙式可能な場所と不可能な場所と分かれてしまうため、式場探しに時間がかかってしまう事もあります。他にも、様々なものを準備しなくてはいけないため、時間に余裕をもって行動してみてください。

男女

神社挙式に関する口コミでイメージをする

神社挙式をする場所によってプランの内容や周辺施設・神社の環境が異なるため、口コミなどを参考に神社挙式について調べてみてください。何を準備するべきなのか、どんな雰囲気なのかなどを確認することができるでしょう。

神前式の衣装

神前式

白無垢

花嫁の純真無垢を現す純白の婚礼衣装です。打掛や帯・小物類全てが白で統一されています。頭には、角隠しか綿帽子を被り挙式を行ないます。白無垢には、嫁ぎ先の家風に染まるという意味が込められています。

色打掛

白無垢と同じように婚礼の衣装として用いられています。掛下の上から赤色などの鮮やかな色合いの着物を羽織る婚礼衣装の1つです。武家の婚礼衣装として使われていましたが、江戸時代後期からは一般的な花嫁衣装としても使われています。

紋付袴

男性は、紋付袴を着て神前式を行ないます。紋付袴は男性の礼装です。そのため、挙式以外にも結納や式典でも着ることがあります。和婚の場合、男性は女性よりも衣装が少ないと言われています。